40の手習い

40代突入~。でも、好奇心は止まらない。太太のチャレンジ日記。

20年ぶりの中国はとっても楽しかった!だからまた行こうと思った話

f:id:taitai39:20170404145231j:plain

こんにちは、太太です。

 

中国へ行ってきました。行く前はちょっぴり不安だったのですが、郷に入れば郷に従え。現地に溶け込んできました。

 

中国って楽しいわ〜。また行きたいです。台湾とは違う良さがいっぱいありましたよ。今日のブログは、驚きと興奮の旅・中国編です。では、どうぞ♪

 

中国行きを決めた理由

f:id:taitai39:20170522195552j:plain

今回、中国行きを決めたのは私なりの決心でした。

 

台湾ちゃんは優しい。だから、困ったら日本語で助けてくれる。

香港先輩は手厳しい。けれど、英語が話せればなんとかなる。

 

じゃあ…中国くんはどうよ?

ラスボスじゃね?しかも難易度のかなり高い。

 

中国語をやり始めたのに大陸へ行かなくてどうするの。私。

 

(たとえはアレですが)台湾の中国語がフィリピン英語だとしたら、中国の中国語はメリケン英語。舌を巻いて巻いて巻いて、ぐーりぐりなはずなのです。

 

で、行っちゃいました。テッテケテー。

  

プルタブさん、こんにちは

f:id:taitai39:20170512154748j:plain

*連れの手 ワタクシの手は白鳥のようなのよ

 

はいはーい♪中国くん。

いきなりの衝撃でした。

 

プ ル タ ブ が レ ト ロ wwww。

 

やはりラスボスね。涼しい顔をして自販機に潜んでいたのです。久しぶりすぎて引き抜く力がわからずこぼしました。しかも、プルタブを引き抜いたらスライム出現。びしゃびしゃとドラクエ。ナイスな出逢いです。

 

旅行は異文化との遭遇。意外性は私の大好物なのです。

 

地下鉄では荷物検査だよ

f:id:taitai39:20170417140616j:plain

中国の地下鉄はすごくわかりやすかったです。

 

びっくりしたのは、構内に入る前の荷物チェック。形式だけなのかなあという気もしなくはないのですが、滞在中何度も荷物をチェッカーに通しました。

 

街の中に公安がうじゃうじゃいるのも中国っぽい。グーグル様の問題もありますし、セキュリティに関しては日本と異なる印象をうけました。

 

ご飯が超美味しい

f:id:taitai39:20170511092243j:plain

中国へ行くまでは、私の中で香港先輩のメシが一番のお気に入り。が、中国へ行ったらあっさり寝返ってしまいました。

 

う、う、う、うますぎです。中国くん。

 

中国の食材はキケンな香りも漂いつつ、それを平気で打ち負かすほどのクオリティがあるのです。 うんまーい。思い出しただけでもよだれが出ます。世界三大料理は伊達じゃないね!日本で食べる中華よりなんぼも美味しかったです。

 

そういや、カエルを食べ忘れたのは残念。次回チャレンジするよー。

 

ニーハオトイレはなかった

f:id:taitai39:20170415112401j:plain

ワタクシの20年前の中国思い出といえば、ニーハオトイレをおいてほかなりません。あれはトラウマにもなり、未だに忘れられないのです。今回、一応探してはみました。

 

なかったです。

 

20年で中国は変わりましたね。おトイレも普通にきれいでした(というか、掃除のおばさんが常駐していた)。紙を流せないのは台湾と一緒。世界にはトイレの紙が流せない国がまだまだありますし、中華圏が特別なわけではないのです。特別視してはいけない。 

 

taitaitaiwan.hatenablog.com

 

今までで一番中国語を使った

f:id:taitai39:20170417130837j:plain

一番伝えたかったのはココ!

 

中国語をこんなに使った日はありません(TдT)。

 

ラスボス〜。ありがとう。ありがとう。英語が通じないから中国語を話すしかないんですよ。もう、必死でした。

 

言いたい言葉を調べる

言ってみる

通じる

よし!マスターした

 

 

の繰り返し。これが語学なんですよねえ。当たり前なのにすごく感動してしまいました。実践が何より大事なんです。かなり身にしみました。

 

中国人嫌いって本当に言える? 

f:id:taitai39:20170414132024j:plain

 はてなブロガーには中国とご縁のある方が沢山います。訪中前、色々な方のブログを読ませていただきました。お仕事で駐在されている方、旅された方、以前関係があった方、親類縁者が中国にいる方など、境遇は様々。でも、皆さんが言っていたのは

 

「国レベルではみてはダメ」

「個人で観るべきだ」

「実際に接してみたり話してみてから、中国嫌いと言ってほしい」

 

でした。うん、本当にそう思います。

 

メディアや一部の情報のみで中国嫌いと言ってしまうのは悲しい。少なくとも私は「中国は面白かったし、良い人もいた」と言いたい。なにせメシウマ。胃袋を掴まれてしまいました。

 

パワーあふれる街を再訪できて幸せだったな。さて、これからも一生懸命働いてまた旅しよう。

 

 

本館もみてね〜。

 

 

taitaitaiwan.hatenablog.com